仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

29歳 仕事が辛い辞めたい毎日 パワハラ上司が原因で転職を考える

更新日:

パワハラしてくる上司のせいで、「仕事が辛い」「仕事を辞めたい」

 

パワハラ上司に対して心の中で「辞めてくれ」「早く異動してくれ」と叫んだことはありませんか。

 

毎日、本気で思ってましたよ。

 

でも、まわりが助けてくれることはありません。慣れたらいいよ。そのうち、慣れるって・・・他人事なんですよね。

 

慣れません、無理でした!!

 

20代の僕が仕事が辛い、会社を辞めたい理由

20代後半、もうすぐ30歳に届こうとしていた時です。僕は、ある工事案件のリーダーを勤めてました。

 

工事案件に関係しているけど直属ではない上司Aが何かにつけて、小言を連発してきます。

 

客先との打合せをしてる最中にも、お客様の居る前で僕に向かって直接指摘をしてきて、これにはお客様も正直迷惑がっていました。

 

会社では、7mほど離れたデスクに居るのにわざわざ電話で長々とダメ出ししてきます。直接言いに来たらいいのに、逆に迷惑です。

 

会議中であってもなかなか電話を切らせてくれません。

 

電話に出れなかったら、まわりのメンバーに電話をしてきてどこにいるか確認をしてきます。

 

メールも関係者を宛先から削除して個人向けに送りつけてきます。

 

正直、「勘弁してくれよ」という感じです。

 

工事は特にトラブルもなくお客さんとも良好な関係を保ちながら進めていました。

 

小言を言われる原因も見当たらないんですが。

 

上司Aは僕の直属の上司には、キツく当たったりすることがないので「あーいう人だから、気にせず慣れるしかないよ」と直属上司に相談しても時間のムダでした。

 

上司Aさえ居なければ、大きな不満は無い職場なのです。

 

仕事自体は好きでやりがいもある

勤務先の職種は製造業です。工事案件で試運転調整を行う職務についてました。

 

社会のインフラに関わる仕事ということで社会貢献も出来ているというところで非常にやりがいもあり、仕事自体もどっちかといったら好きでした。

 

トラブル等が頻繁に発生しますが、チームワークでなんとかしのげてました。

 

上司Aの存在さえなければやりがいもあり居心地も悪くない職場なんです。。

 

20代の僕が30歳を目前に転職を考えた理由

パワハラ上司Aが居ると精神が破綻してしまう

ダメ出しや小言について、最初は笑ってすまそうとなんとか聞き流す努力もしました。

 

なんとか耐えていましたが、数ヶ月するとストレスも蓄積してそんな余裕も無くなってきて精神的な負担が積み上がってきました。

 

上司Aとの接点さえ無くなれば問題ないのですが、工事案件が継続しているため、接触回数も減らなかったのです。

 

1ヶ月以上の長期出張が多く、ほぼ単身赴任

現地工事のリーダーになると、工事が終わるまで数ヶ月の間、ウィークリーマンション暮らしの実質単身赴任状態になります。

 

家族とも食事はもちろん、会うことすら出来ない。

 

休日に家族とお出かけやキャンプにも行けない。

 

出張手当のおかげで収入が増えてありがたいですが、家族と居られない時間を安く買い取られているだけですよね。

 

ちょうど、第一子の出産予定日が長期出張中でした。

 

事前に関係者と調整しまくってなんとか第一子の出産に立ち会うことが出来ました。

 

ホント良かったですが、休暇を取得するまでの事前調整などの労力がハンパなく、疲れたのも事実です。

 

残業が多い、家族と過ごす時間がない

出張期間でなく、通常の工場勤務でも、基本的に残業が多く帰宅は22時以降になります。

 

帰ったらごはん食べてお風呂へ入って寝るだけです。

 

夕食の時間も遅いので不健康だし、メタボ気味です。

 

子供が生まれてきても帰宅が22時以降ばかりでは、嫁さんにも負担がかかってしまうのでこのままではいけないと真面目に考え始めました。

 

20代の僕が30歳になる前に会社を辞めると決めてやったこと

もともと同期が2人、長時間残業等でブラックな職場が嫌になり転職していました。

 

同期メンバーが転職する前から、転職するまで一緒にいたこともあって、転職までにやったことをきいてたので今度は自分が同じように動き始めました。

 

転職サイトに登録だけする

まず、転職サイトに登録だけしました。

 

会社に行くことに疲れきって、出勤も出来なくなったら転職に向けて動く気力も無くなるからです。

 

転職サイトに登録しておくと、企業からスカウトのメールが来るようになります。

 

自分が仕事をしている間に何もしなくても情報が入ってくるんです。

 

メールが来るだけで強制的に転職しないといけないとかもありません。

 

メールボックスに転職先の選択肢をストックしていけるんです。

 

これはどういうことか?

 

次に転職できる企業の選択肢があることから、行き場所があると考えれるので精神的にラクになります。

 

「もし今の仕事を辞めたら、他の仕事に就けるだろうか。」と不安に思うのとは、全く違いますね。

 

転職サイトの登録は無料だから費用負担も不要です。

 

リクナビNEXTに登録する

 

いざもう辞める、転職するというギリギリで登録しても、転職の候補先を落ち着いて探す時間の余裕もありません。

 

仕事も転職も段取りが重要です。

 

まずは、登録しておいて「いつでも転職することも出来る」という事前準備をしておくことで心にゆとりが生まれてきました。

 

パワハラ上司Aに対しても、聞き流すことも少し出来るようになってきました。

 

転職サイトは、たくさんありますが、僕は迷わずリクルート系のリクナビNEXTに登録しました。

 

リクルート系列は、新卒で就職の際にも利用してたからです。

 

普段、宴会ではホットペッパー、旅行ではじゃらん等を利用しているので馴染みがあります。

 

まぎれもなく、大手なので安心というところもあります。

 

仕事やめたいと思った時点でまず登録しておく、そうじゃないと後手後手にまわっていざというときに望むところへ転職も出来ませんから。

 

登録が遅れると転職先のストックも貯まっていないので大幅にスタートが出遅れることで選択肢が減ることは間違いないですね。

 

リクナビNEXTに登録する

 

会社を辞める時期を決める

ボーナスはもらいたい、有休は使いきりたいというところを考えました。

 

あと、転職とはいえ、いかにも中途という感じで7月や11月などの時期はなるべく避けたいと思っていました。

 

結果としては、4月から新会社、12月退職することで計画しました。

 

会社を辞めて転職したいことを家族に相談する

僕の場合は、相談というよりは「辞める、転職する」を告げただけでした。

 

というのも、長期出張時に残業100時間超過しており、ブラックな匂いがプンプンしてることに嫁さん自体が憤慨してて、実は嫁さんから仕事を辞めて転職することを提案されてました。

 

会社を辞める前にクレジットカードを発行する

無職の期間や、転職後の間もない期間は、収入の発生しない時期が発生することからクレジットカード発行の審査が通らない可能性があります。

 

持っておきたいクレジットカードがある場合は、会社を辞める前に発行しましょう。

 

僕の場合は、Amazonカードと楽天カードを発行しました。

 

楽天カードは学生でも審査OKという噂もありますが、ホントのところはわかりません。

 

Amazonカードは三井住友系なので審査NGの可能性が大です。

 

まとめ:30歳になる前に上司のパワハラを理由に転職

今回僕の場合は、上司Aという人間関係が原因で離職、そして転職することにしました。

 

人間関係のことだけに、転職先でもややこしい上司が現れるかもしれません(>_<)

 

生まれてきた第一子が0歳のときから、一緒に過ごせる時間が増えるよう生活改善を出来たことは良かったです。

 

先に転職してる同期メンバーがいたことで転職を段取りよく進めることが出来ました。

 

転職サイトに事前登録してなかったら、転職のタイミングを逃していたかもと考えるとゾッとします。

 

「仕事が辛い」「仕事をやめたい」と思ったらまずリクナビNEXTに迷わず登録です。

 

事前にリクナビNEXTに「登録だけ」しておかないと損しますので。

 

リクナビNEXTに登録する

 

 

あわせて読みたい

今すぐ転職する気はなくても転職サイトに登録だけすべき理由

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.