仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

新卒入社で配属先が希望と違う、不満だから辞めるはダメ?第二新卒を生かそう!【新型コロナ】

更新日:

新卒入社で配属が希望と違って合わない、不満だから辞めたいはダメ?第二新卒を生かそう!

就職活動を頑張ったおかげで、 希望の大手企業に就職できた。 いざ、配属された部署は 希望と異なる部署だった。。。

 

なんで?

 

せっかく頑張ろうと思ってたのに・・・。

 

結論、「不満だから辞めたい」全然アリです。

 

それでは、理由などを順番に説明していきますね。

新卒で希望通りの部署に配属されるとは限らない

新卒で入社した人が、「仕事内容が希望と違った」「希望と違う部署に配属された」というミスマッチになることがよくあります。

 

よくあるって?

 

実際に希望する部署と違うところに配属をされたという新卒社員の割合が統計によると半分近くを占めています。

 

半分近くって、ほぼ2人に1人です。これってかなり高確率ですよね。

 

企業側としても、新卒で10人採用したとしてもみんなを希望部署に配属しようとすると、人気の部署に人が偏ってしまいます

 

よって、全員を希望の部署に配属するというのは現実的に厳しく、希望ではない部署に配属される確率が高くなるんです。

 

 

 

求人の情報収集におすすめ
リクナビNEXT

転職条件など個別に相談できる
リクルートエージェント

我慢して続けても、残念ながら明るい未来はない

希望する部署に就けないのは仕方がないんだ」と思いました?

 

でも、そこで我慢して続ける必要はありません。自分の希望と違って、今の仕事が嫌なら、迷うことなく転職の選択肢を探るべきです。

 

なぜなら、そのまま我慢して働き続けても、あなたの希望が叶えられる明るい未来はないからです。

 

よく、「異動願い」を出してみたらという話を聞きますが、ほとんど期待しないほうがいいです。

 

たまたま、欠員ができてしまったとか会社側の都合があれば可能性はありますが、こればっかりは運です。

 

異動願い」の希望が通れば、その他の人も殺到する可能性が大きいです。そうなると会社側は、収拾がつかない。

 

ですから、「まずは3年頑張ってみたら」とか、「3年くらいしたら異動できるかも」の甘い希望は捨てましょう

 

あくまでも主導権を握っているのは、会社側なので。

 

うつ病になってしまい、現在の部署で継続は難しいとかの特殊な事情でもない限り配置替えは期待しないほうがいいです。

 

だから転職に向けて行動を起こすしかないんです。

 

新卒3年以内に3割の人が転職を選んでいる

せっかく、就職活動を頑張って有名な企業に入社したのにすぐに転職ってどうなの?」って思ったりするでしょう。

 

昭和世代の上司からは、「まずは3年働いてみろ、そうしたら色々見えてくるから」「転職したいなんて甘えんな、それは逃げてるって言うんだ」など、心にグサッと刺さってくることを言われることでしょう。

 

しかし、そんな言葉は無視しましょう。現在の新卒は平成生まれです。

 

上司たちは、ほとんど昭和生まれで終身雇用があたりまえの時代を生きてきたから仕方ないんです。終身雇用なんて時代はもう終わってますから。

 

「あなたがどうしたいか?」が一番大事、それだけ。

 

せっかく、新卒で就職する人なんているの?と思うでしょうが、新卒で就職した約3割が3年以内に転職しています。新卒入社でも辞めて転職するパターンが一般的になってきています。3割もいるんですから。

 

下の図でもわかるように退職理由で「仕事内容とのミスマッチ」が3位になっています。

 


出典:働きがい研究所by openwork

 

求人の情報収集におすすめ
リクナビNEXT

転職条件など個別に相談できる
リクルートエージェント

新卒の特権、第二新卒の時期を活用して転職しよう

新卒採用ですぐ辞めた人間なんて転職できるの?」って思ったりするでしょう。でも、そうでもないんです。

 

最近では、新卒で3年以内25歳を目安に「第二新卒」という呼び方がメジャーになってきています。

 

そして、「第二新卒」という時期が転職には絶好のチャンスなんです。

 

逆を言うとこの「第二新卒」の時期を過ぎると転職のハードルが一気に上がってしまうんです。

 

第二新卒では、新卒社員はまだ社会経験が浅く、通常中途採用で要求されるスキルなどがあまり重視されません。ですから、未経験者でも異なる職種や部署に転職がしやすいんです。

 

第二新卒では、若さからのエネルギーと今後の将来性を問われます。

 

面接で将来のビジョンや熱意をしっかり発言できれば、採用される確率は高まります。

 

第二新卒のアドバンテージを生かせる時期は限られています。この絶好のチャンスである時期を、周りの意見や建前を気にして逃すことはもったいないです。

 

今のまま、続けたことを想像してみてください。後悔しかないと思います。

 

今の仕事に不満があるなら、第二新卒のチャンスを生かして転職へ向けて行動を起こしてください。

 

新型コロナで世の中が一変
転職サイトで情報収集しよう

転職を考えるっていっても何から始めたらいいの?ってなりますよね。

 

まずは、今すぐ「転職サイトに登録だけ」してください。

 

転職サイトへの登録は5分もあればできます。

 

ぶっちゃけスマホで簡単に登録できるので、会社の昼休みでも可能。

 

転職サイトに登録だけするメリット

✔ スカウトのメールが届く

✔ 仕事を続けながら、求人情報をストックできる

✔ 転職及び転職先の選択肢を増やせる

✔ 新型コロナが落ち着く頃に一早く転職したい企業へアクションを起こせる

 

まずは登録しておきましょう。

 

ぶっちゃけ登録しないと何も現状から変われないので。

 

情報を持っている」「選択肢を持っている人間が有利なのは誰が考えても明らか

 

まずは、最大手の「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」へ登録して情報収集を進めましょう。

 

新型コロナで世間がテレワークに始まり世間の動きが既に急変してます。

 

新型コロナで従業員の感染リスクを減らそうとしてくれる企業もあれば、感染リスクなど関係なく電車通勤を続けされる企業まで様々です。

 

新型コロナがきっかけで企業側が従業員を「大切にする」「大切にしない」が露呈されるようになりました。

 

ある意味、新型コロナが落ち着くころが、逆に行動を起こすチャンスです。

 

チャンスを生かすためには、「最新の情報を得れる環境に身を置いておくこと」それだけです。

 

でないと、後悔することになりますよ。

 

今、このタイミングを生かしましょう!

 

✔ 最新の情報を入手する

✔ 従業員を大切にする企業を探しておく

✔ 新型コロナが落ち着く頃に一早く転職したい企業へアクションする

 

求人の情報収集におすすめ
リクナビNEXT

転職条件など個別に相談できる
リクルートエージェント

 

人気記事

今すぐ転職する気はなくても転職サイトに登録だけすべき理由

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.