仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

【要注意】在職中の転職活動は不利?就業規則で禁止なら懲戒解雇も

更新日:

今の仕事を続けたくない、やりがいを感じられない、10年後も今の職場で働いているイメージができないなど不満を感じたら、「転職」という言葉が頭に浮かびますよね。

 

でも、在職中に転職活動をしていいの?在職中だと不利かな?などやったことないがないので当然悩んだりしますよね。

 

この記事では、在職中の転職活動について、注意すべきこと、そして転職活動はするべきであるということについて書いています。

 

それでは、解説していきますね。

 

在職中の転職活動は不利?就業規則で禁止されていない?

転職をする際には、在職中に転職活動をするという方が多いです。在職中に転職先が決まれば、収入も途切れることなく職場を変えることができるからです。

 

ですから、在職中の転職活動が不利かと言えば、そうではありません。慎重に活動するこで、不利どころか有利に事を運んでいくことだって可能です。

 

ただ、在職中の転職活動は、就業規則で禁止とされている企業もあるようです。

 

在職中に転職活動をしていて処罰対象になったりすると自身の経歴にキズがつきます。

 

ごく稀でしょうが、「在職中の転職活動が原因で懲戒解雇」の事例もあるようです。

 

まずは、会社の就業規則で「在職中の転職活動は禁止」と明記されているかを確認してみてください。

 

就業規則で「在職中の転職活動は禁止」と明記されてる?

就業規則に明記されていなけければ、在職中に転職活動をしてもOKです。

 

就業規則ではOKでも、上司などは辞められたら困ると理由から感情的になり「転職なんてダメだ!」「俺は認めないぞ!」などと言ってくることでしょう。

 

でも、気にしないでいいです。むしろ、圧力をかけ続けてくるのであれば、上司の行為はパワハラに値します。

 

会社の就業規則で在職中の転職活動が禁止されていなければ、転職活動をするかどうかはあなたの意思で決めることです。

 

在職中の転職活動は慎重にやらないと懲戒解雇もあり

就業規則で転職活動が禁止とされていても、バレないように転職活動をする人がいます。

 

しかし、そうするとなんらかのきっかけで会社側にバレて処罰の対象となるリスクがあります。

 

厳密に言うと、法律的には転職活動を禁止にすることはできません。しかし、間接的に処分をくだされるという可能性があります。

 

転職活動をしているということで、職務に支障をきたしている、職務怠慢などの理由を付けられてしまうことです。

 

例えば、(転職活動のため)頻繁に休むようになり業務に支障をきたす、仕事中にたまたま居眠りをしていたことを職務怠慢ととられる。

 

要するに、「何か理由を見つけて」なんらかの処罰、圧力を加えられるということになります。

 

最悪の場合は、懲戒解雇、処罰を受けると転職に不利な材料になります

在職中に転職活動していることが会社側にバレると、なんらかの処分、最悪の場合は、懲戒解雇となる場合もゼロではありません。

 

就業時間中に転職活動に関わることをしていることがバレた場合

例えば、仕事中に転職サイトを閲覧していたなど。

 

転職先の内定が決まったことがバレた場合

転職先に内定が決まったことがバレたからといって懲戒解雇は不当です。

 

就業規則で「他のところに雇用されてはならない」と副業禁止を匂わせる項目はあったりしますが、内定が決まっただけで該当するわけではありませんから。

 

どんな理由であれ、懲戒解雇が違法であったとしても、自身の職務経歴にキズがついて、転職が不利になるのは確実です。

 

会社側には、自分が不利になる情報を与えないよう細心の注意をはらって転職活動を進めましょう。

 

在職中に転職活動はしないほうがいい?

在職中の転職活動が禁止だからといって、転職活動をあきらめてしまう必要はありません。転職活動をする行為は、法律で禁止されていませんから。

 

在職中に転職活動をした場合、処罰をされる場合があります。

 

しかし、処罰をされるのは、あからさまに業務に支障をきたした、職務怠慢などの場合です。

 

与えられた仕事をきちんとこなしていれば、基本的に注意されることはあっても処罰をされることはありません。

 

また、懲戒解雇もありえるかもと最悪の場合について説明しましたが、実際は懲戒解雇はごくごく稀なケースだと思います。

 

会社側に迷惑をかける行為をしていない限り、大企業・中企業ではありえないでしょう。

 

ワンマン社長が経営する従業員数が10名以下の会社で懲戒解雇になった知り合いが約1名いますが・・・。

 

在職中の転職活動はメリットが大きいのでむしろやるべき

在職中の転職活動をすることは、メリットがかなり大きいです。

 

最悪、転職活動がうまくいかなくても、今の職場に居続けるという選択ができて失職することがないから精神的にもラクです。

 

退職してから、転職活動をしてうまくいかず失敗が続くと、収入も途絶えてしまいモチベーションも下がって、良くないスパイラルに陥っていきます。焦るばかりです。

 

「在職中に転勤先を決めれる」これが、理想ですので、転職するなら在職中に転職活動を進めていきましょう。

 

在職中の転職活動はあくまでも慎重に、上司にバレないように

在職中の転職活動は、是非進めていくべきです。しかし、それ以上に会社側にはバレないように慎重に進めることが絶対です。

 

バレると、マイナスになることはあってもプラスになることは全くありません。

 

当然ですが、上司にもバレないようにしてください。上司としても知ってしまうのと何も言わないわけにはいきません。

 

相手のためにも、バレないように活動することがエチケットです。

 

・上司はもちろん、誰にも言わない

・仕事はきちんとこなして、会社側に迷惑をかけない

・転職活動で休んだ場合、会社の人を会わないよう気をつける

・リクルートスーツなど不自然な服装は避ける

 

まずは、バレないように秘密にして活動しましょう。そうすれば、基本的にバレることはありません。

 

仮にバレてしまっても転職活動は気にせず進めていきましょう。

 

転職したい、でも何から始めたらいい?

今すぐ転職に向けて行動をすべきというのはわかっても、いざ何から始めたら良いかもわからないことでしょう。

 

ですから、まずは今すぐ「転職サイトに登録だけ」してください。

 

転職サイトは、国内最大手のリクナビNEXTにしましょう。

 

リクナビNEXTに登録する

 

リクナビNEXTは、転職した人の8割がサービスを利用している最大手の転職サイトです。新卒の人が、ほとんど登録しているリクルートグループです。

 

転職サイトへの登録は、5分程度でできます。

 

スマホで簡単な情報を入力するだけです。

 

当然、会社にバレることもありません。

 

なぜ、まず転職サイトに登録なのか?

 

転職サイトに登録するだけで、スカウトメールが届くようになるからです。

 

あなたは、仕事をしながら求人情報をストックしていくだけになります。

 

休暇を取得して、転職先を探すためにあちこち出向く必要もありません。

 

スカウトといっても、メールが届くだけで、電話がかかってきたりすることはありません。会社側にもバレません。

 

転職にあたって、求人情報がストックされていると、いざ転職するぞとなった時に転職先を選択するだけになります。

 

必要な情報が待っているだけで入ってくるので早く登録しておくことが必要なんです。

 

ストックしている情報が多いほど、あなたに選択肢の幅が拡がります。

 

より確実に希望の仕事に転職をしたいと考えるなら転職エージェントも利用するべきですが、まずは、転職人口の8割が利用しているリクナビNEXTで情報収集しましょう。

 

今すぐ、登録だけは済ませてください。

 

リクナビNEXTに登録する

 

まとめ:【要注意】在職中の転職活動は不利?就業規則で禁止なら懲戒解雇も

在職中の転職活動は、慎重にバレないようにすれば、メリットしかありません。

 

退職してから転職活動となると「はやく決めないと」と焦りが出てしまい、転職先を選択する際にも、判断がうまくできない可能性が出てきます。

 

お世話になっている今の会社には、迷惑をかけずにきちんと仕事をしながら転職活動を進めていきましょう。

 

まずは、転職サイトに登録をしてください。

 

 

リクナビNEXTに登録する

 

 

そしてより確実に希望の仕事に転職したいと考えるなら転職エージェントにも登録してください

リクルートエージェントに登録する

 

 

 

あわせて読みたい

今すぐ転職する気はなくても転職サイトに登録だけすべき理由

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.