仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

上司が嫌なら絶対に転職したほうがいい、でも退職理由として言わない

更新日:

会社の上司が嫌だと、毎日がホント嫌になりますよね。

 

たとえば、上司に相談しても意見を聞き入れてくれない。

 

自分の思うことを押し付けるだけとか。

 

実際に転職を希望している人の約13%が「上司との人間関係が悪い」ことを理由にあげています。

 

でも、「上司が嫌だから辞めます」とはなかなか言えないですよね。

 

この記事では、上司が嫌なら絶対に転職したほうがいい、でも退職理由として「上司が嫌だから」は言わないほうがいいということについて書いています。

上司が嫌なのを退職理由にしてよい?

「上司が嫌」を理由に退職理由にするのは、良くないです。

 

上司に向かって、「あんたが嫌いだ!」と言っても、そこから何も生まれません。

 

お互いの溝が深まるだけです。人がたくさん居たら、気の合わない人がいて当然なんです。

 

たまたま、それが上司だったということです。

 

むしろ、上司が嫌であれば、嫌いであることを告げる価値もないでしょう。

 

どうせ本人は気づいてないし、言ったところで響くはずもないんです。

 

敢えて、嫌いなことは告げずに退職するほうが賢明です。

 

退職する前にやるべきこと

上司が嫌だ、と転職したとしても、人間関係が良い職場に必ず出会えるとも限りません。

 

今後の長い会社生活を考えて、敢えて嫌な上司と関係を良くする努力をしてみてほしいのです。

 

嫌だからこそ、やってみる価値はあります。

 

じゃあ、何をしてみるか?

・上司の良いところを探してみる

・上司を好きになるよう努力をしてみる

・「報連相」を徹底してみる

 

人の良いところを探そうとしていると相手から悪いようには思われません。その姿を見て好感を抱いてくれるかもしれません。

 

また、報告・連絡・相談をマメにする部下は、上司からするとかわいいのでポイントアップします。

 

ひょっとすると関係が良い方向に向くかもしれません。

 

実際は、難しいというところが本当でしょう。

 

でも、努力したことはムダには絶対になりません。

 

むしろ、転職に踏ん切りがつくかもしれません。

 

本音と建前を使い分けることがポイント

あるアンケートで不思議な結果があります。

 

退職理由として会社に伝えた理由の1位は「家庭の都合」だったそうです。

 

ところが、本当の退職理由では「職場の人間関係」が1位でした。

 

この結果からひとつのことがわかりますよね。

 

退職理由で本音「職場の人間関係」と建前「家庭の都合」を使い分けている人が多いということなんです。

 

その証拠に、会社に本当の退職する理由を言えなかった理由は、「円満退職をしたかった」が一番だったんです。

 

本当は、上司にボロクソ言って辞めてやりたい気持ちはありますが、退職や転職したとしていつまたどこで会うかわかりません。

 

ひょっとしたら、次の職場の顧客として会うことも可能性としてはあるわけです。

 

なので、わざわざ角が立つようなことはせずに「家庭の都合」「一身上の都合」などの無難な理由にしておくほうがいいですね。

 

上司が嫌で辞めても上司におとがめはまず無い

私の周りに「上司が嫌だから」と言って辞めた人間を何人も見ています。

 

パワハラ上司に報復してやるんだと上司の上司に直訴してパワハラを訴えましたが、その上司は注意だけで特におとがめなしです。

 

正義感を振りかざしてやってみても、上司は処罰なしに勤め続けます。

 

正直納得いきません、でもこれが現実なんです。

 

なので、そんな嫌な上司なんて無視して円満に退職したほうが結果的にいいんです。

 

上司が嫌なら在職中に転職活動を始めよう

「上司が嫌でやってられない」なら在職中に転職活動を始めましょう。

 

そして、転職先を決めてから退職しましょう。

 

でも、いざ何から始めたら良いかもわからないことでしょう。

 

ですから、まずは今すぐ「転職サイトに登録だけ」してください。

 

転職サイトは、国内最大手のリクナビNEXTにしましょう。

 

リクナビNEXTは、転職した人の8割がサービスを利用している最大手の転職サイトです。新卒の人が、ほとんど登録しているリクルートグループだから安心です。

 

リクナビNEXTに登録する

 

転職サイトへの登録は、5分程度でできます。

 

スマホで簡単な情報を入力するだけです。

 

とはいえ、登録するというのはめんどくさいです。

 

めんどくさいので先に済ませておきましょう。

 

なぜ、まず転職サイトに登録なのか?

 

転職サイトに登録するだけで、スカウトメールが届くようになるからです。

 

あなたは、仕事をしながら求人情報をストックしていくだけになります。

 

休暇を取得して、転職先を探すためにあちこち出向く必要もありません。

 

スカウトといっても、メールが届くだけで、電話がかかってきたりすることはありません。

 

なので、会社にばれることもないので安心です。

 

転職にあたって、求人情報がストックされていると、いざ転職するぞとなった時にすぐに転職活動ができます。

 

必要な情報が待っているだけで入ってくるので早く登録しておくことが必要なんです。

 

ストックしている情報が多いほど、あなたに選択肢の幅が拡がります。

 

なので、一番しんどい一歩を今すぐ踏み出しましょう。

 

その小さな一歩が、転職成功への大きな前進になります。

 

何もしないのが一番ダメです。

 

今すぐ、登録だけは済ませてください。

 

リクナビNEXTに登録する

 

まとめ:上司が嫌なら絶対に転職したほうがいい、でも退職理由として言わない

上司が嫌なら絶対に転職したほうがいいです。

 

でも退職理由として言わないことです。

 

口に出したい気持ちを我慢して、円満退社をしましょう。

 

とにかく考えることは、在職中に早く行動を起こして希望の転職先を見つけて、転職することに注力しましょう。

 

そして、今の職場を抜け出しましょう。

 

今すぐ転職サイト、「リクナビNEXT」に登録だけ済ませてください。

 

リクナビNEXTに登録する

 

 

あわせて読みたい

今すぐ転職する気はなくても転職サイトに登録だけすべき理由

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.