仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

部下に任せない、自己中の上司なら転職を考えるほうが絶対におトク

更新日:

私の職場には、部下に仕事を任せない、部下を全く信用していない、なんでもかんでも自分で決めたがる上司がいます。

 

「その点については協議しましょう」と言いながら、結局は自分の意見を通すことしか考えていない。

 

こんな上司は、あなたのそばにいませんか?

 

この記事では、そんな自己中の上司への対処法について書いていきます。

 

部下に仕事を任せない、部下を信用していない上司

上司が「メールはどうせ見てないでしょ」と言いながら、会議で配布済みのメールの解説を始める。

 

これムダでしょう!

 

ていうか、「メールはどうせ見てないでしょ!」ってどういうこと?どうせって?

 

全く部下を信用してないやん。

 

そしてあるときは、「人事異動後の席替えは私が決めます」と自分だけで延々と考えている。

 

事前に提案を出したけど、お気に召さないようで即却下でした。

 

自分が思うようにしないと気がすまないようです。

 

子供か!ある意味、子供よりタチが悪いですね。

 

たった2つのエピソードを紹介しましたが、これだけでわかりますよね。

 

とにかく「部下を信用していない、任せない」ということが。

 

そんな上司にかぎって、いらん仕事を押し付けられてお持ち帰りしてきます。

 

自分がエンジニアリングできない、交渉事が下手くそというのを自覚していないから発注元に上手に乗せられてお持ち帰りをして押し込んでくる。

 

そのくせ、自分はすごく仕事ができると思いこんでいる、ややこしい人なんですね。

 

そんな上司とどう付き合っていけばよいか考えてみましょう。

 

上司に信用されていないときの対処法

上司を好きになろうとする、長所を見つける

上司だって人間です。きっと悪い人では無いはずです。

 

少ないくとも、会社でとっている行動は悪気はないでしょう。

 

自覚がないだけです。(これこそがタチ悪い!)

 

だから、上司の良いところをリフレーミングして探してみることに一度は挑戦してみましょう。

 

とはいえ、散々嫌な思いをして上司と関わることが辛くなってしまっていたら、「上司の良いところを探す」ことなんてする精神的なゆとりも無く不可能です。

 

人間そんな器用じゃないですから、苦手スイッチが入ったらねぇ・・・。

 

上司と距離を近づける

上司を避けずに、適宜「ホウレンソウ」(報連相)を実施してみるのもいいでしょう。

 

間違いなく、好感を持ってくれることでしょう。

 

でも、部下の提案を聞いたり、部下に任せるかといえば、どうでしょうか。

 

可能性としては、アップするでしょう。でも、おそらく任せてはくれないでしょう。

 

なぜか?

 

そういう人だからです。

 

長い人生を生きてきた結果が、今のその上司の行動に現れているんです。

 

ちょっとのことで、人柄が変わるなんてありえないですね。

 

思ってはみたものの、正直なかなか実行できません。

 

上司と距離を置く

上司と関わるのを避けましょう。とは言っても、無視はダメです、社会人として。

 

とは言っても、業務の関係で関わらずに済むことは難しいですよね。

 

距離を置き続けるのは、ちょっと難しいでしょうが少しは精神的負担が軽減されるかもしれませんね。

 

僕は、なるべく視界に入らないよう意識してます。効果はいかほどかわからないけど。

 

部署異動を申し入れる

今の上司がいない、他の部署に異動を申し入れることもいいでしょう。

 

但し、2年後とかになるかもしれません。または、申し入れが受理されないかもしれません。

 

異動については、あまり期待できないと思っているほうが無難です。

 

期待しているとショックが大きくなりますから。

 

上司が苦手なのになんで自分が・・・と思うかもしれません。

 

でも、苦手な上司ってなかなか異動してくれません。

 

なぜかわかりますか?

 

次の異動先が無いからです。簡単なことです。これぞ、会社って感じですね。

 

全然笑えないけど。。。

 

職場を変える、転職することを考える

上司は2年、3年と続くことが多いです。その間、耐えれますか?

 

同じ働くにしても、「部下に仕事を任せる上司」のもとで働くと2年、3年あればビジネスマンとしてやりがいを感じ、著しくスキルアップ、成長をするでしょう。

 

現状と比較すると、大きな差ができることは間違いありません。

 

ですから、今の職場に居続けても悪くなる要素はあっても、良くなることはないと言えます。

 

あなたが今すぐやるべきことがあります

とは言っても、すぐに転職とか現実的に考えられないと思います。

 

上司とも関係が良くなる可能性もゼロではないですから。

 

転職はすぐにしないにしてもやっておくべきことがあります。

 

これをするだけで会社生活が精神面が劇的に改善されます。

 

仕事を続けながらでも新たな希望を持てるようになります。

 

「転職はしなくても、転職サイトに登録だけ」しておくことです。

 

転職しなくても、転職サイトに登録しておく

 

リクナビNEXTに登録する

 

今すぐ転職に向けて行動をすべきというのはわかっても、いざ何から始めたら良いかもわからないことでしょう。

 

ですから、まずは今すぐ「転職サイトに登録だけ」してください。

 

このあと解説しますが、精神的にもラクになるからです。

 

僕も登録することで実際にラクになりましたから

 

転職サイトは、国内最大手のリクナビNEXTにしましょう。

 

リクナビNEXTは、転職した人の8割がサービスを利用している最大手の転職サイトです。新卒の人が、ほとんど登録しているリクルートグループです。

 

転職サイトへの登録は、5分程度でできます。

 

スマホで簡単な情報を入力するだけです。

 

とはいえ、登録するというのはめんどくさいです。

 

めんどくさいので先に済ませておきましょう。

 

なぜ、今すぐ転職するわけでもないのにって思いました

 

あなたが、上司との関係に疲れてきって、精神的に病んでしまったとしたらどうでしょう?

 

うつ病にでもなってしまったとしたら、転職に向けて行動をしようなんて思いませんし、身体も行動をすることに拒絶を起こすことでしょう

 

ですから、身体も元気で行動を起こす体力がある間にやっておかないといけないんです。

 

なぜ、まず転職サイトに登録なのか?

 

転職サイトに登録するだけで、スカウトメールが届くようになるからです。

 

あなたは、仕事をしながら求人情報をストックしていくだけになります。

 

休暇を取得して、転職先を探すためにあちこち出向く必要もありません。

 

スカウトといっても、メールが届くだけで、電話がかかってきたりすることはないのでご安心ください

 

転職にあたって、求人情報がストックされていると、いざ転職するぞとなった時にすぐに転職活動ができます。

 

必要な情報が待っているだけで入ってくるので早く登録しておくことが必要なんです。

 

ストックしている情報が多いほど、あなたに選択肢の幅が拡がります。

 

なにより、「転職だってできるんだ」と思えることで精神的にもスゴくラクになります。

 

なので、一番しんどい一歩を今すぐ踏み出しましょう。

 

これをやることで今後の会社生活が劇的に変わりますから。

 

リスクなんてありません、むしろ登録しないことがリスクです。

 

その小さな一歩が、会社生活の改善、転職成功への大きな前進になります。

 

何もしないのが一番ダメです。

 

今すぐ転職サイト、「リクナビNEXT」に登録だけ済ませてください。

リクナビNEXTに登録する

 

 

あわせて読みたい

今すぐ転職する気はなくても転職サイトに登録だけすべき理由

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.