仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

転職のタイミングで悩む、新卒1年目の人に伝えたいこと

投稿日:

社会に出ると学生時代とは生活スタイルも大幅に変わり、 

慣れない人間関係から日々感じるストレスも多くなりますよね。

そんな状況で、本当にこのままでいいのだろうか…

と考えることも増えてきます。

 

新卒で入社した会社を1年目で転職したくなった場合

どうするべきでなのしょうか。

 

新卒1年目の転職は不利

率直に言うと、新卒1年目での転職は基本的にはおすすめできません。

 

例えばいい求人を見つけて応募したとしても、

・意欲が足りない

・社会人として経験不足

・人間関係の構築力に問題がある

など、あなたに対して様々な問題を想定し、

採用するのにはリスクがあると思われてしまいます。

 

色々な理由があったにせよ、

“1年未満ですぐに辞めてしまう人”という印象を与えてしまい

本来の自分を見てもらえない、なんてことになったら残念ですよね。

 

また、社会人としてのスキルがほとんどなく即戦力にはならないため、

給料についても転職後に上がることはほとんど考えられません。 

 

転職をするならもちろん勤務年数は長いほうが有利ですが、

やはり世間で一般的に言われているように、

最低でも3年は働いたほうがいいでしょう。

 

新卒1年目の転職でも成功する場合もある

そうは言っても、場合によっては1年目でもいい転職ができる場合もあります。

例えば、

・飛び込み営業などの厳しい環境で新規開拓を行った経験がある

・学歴に自信がある、専門的な資格を持っている

といった場合には、スキルを評価してもらえる可能性があるので、

もしかしたら自分の希望する条件での転職が可能かもしれません。

 

他にも、年収は下がってもやりたい仕事がある、など

条件次第では自分の希望している仕事に就くことができる可能性もあります。

 

自分の置かれた状況を考えてみよう

なぜ、このタイミングで転職を考えたのか、振り返ってみましょう。

・やりたい仕事ができない

・職場の人間関係に不満がある

・今の仕事は向いていないのではないかと思った

・他にやりたいことができた

など、様々な理由があると思います。

 

では、それはこれからもその会社で働くことで改善されないでしょうか?

2年3年と同じ職場にいることで、仕事のやりやすさや人間関係など

色々なことが大きく変わっていきます。

 

もしこの先働いていても改善される見込みのないことや、

パワハラを受けているなどのやむを得ない状況であれば

厳しい状況になることも覚悟して転職するという選択肢もありだと思います。

 

まとめ:転職のタイミングで悩む、新卒1年目の人に伝えたいこと

会社というのは、1年通して業務を経験してようやく全貌が見えてくるものです。

 

転職で圧倒的に不利になることが考えられるので

基本的には1年目での転職はおすすめしませんが、

我慢をしすぎて体調を壊す、なんてことになったら元も子もありません。

 

今置かれている状況と、自分には転職で何か強みになるものがあるか

などをもう一度よく考えた上で、転職するかしないかを決めましょう。

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.