仕事・転職・副業などをメインに情報発信します

52challenger

仕事・転職

仕事が出来る人になりたい、特徴は?知っておきたい4つの特徴

更新日:

仕事が出来る人になりたい!と思った時、仕事が出来る人とはどういう人なのか、知っておきたいですよね。

どんな特徴があるのかをまとめてみました。

 

仕事が出来る人に共通するのは”決断の早さ”

まず、仕事が出来る人には“決断が早い”という特徴があります。

 

ビジネスでは常に優先順位をつけながら仕事をすることが必要です。

 

2つの選択肢があった場合、どちらを優先するか早く決断しないとどちらも中途半端になってしまう恐れがあります。

 

そうなった時にすぐに決断出来るように、あらかじめ物事の優先順位を決めておくことが大切です!

 

私はもし優先順位がわからなくて手が止まってしまいそうな時は、早い段階で周りの人に相談するようにしています。

 

一人で抱え込まず、すぐに誰かに相談する。これも立派な決断です!!

 

レスポンスが早いと仕事がスムーズに進む

仕事が出来る人はレスポンスが早いことも特徴です。

 

例えばメールを送った時に、すぐに返ってくるのと3日後に返ってくるのでは全然印象が違いますよね。

 

レスポンスを早くすることで仕事が早く進むので、もし何か問題が起きた時でも素早く対処することが出来ます。

 

仕事をスムーズに進めるためにもとても大切なことですよね!

 

もし時間がなくて返信が出来ない場合や、確認が必要、という場合には一旦メールを受領した旨だけでも連絡を入れておきましょう。

 

周囲を巻き込む”巻き込み力”を持とう

仕事をしていると、どうしても自分一人では出来ないことが出てきます。

 

そんなとき、自分一人で抱え込んでしまっては仕事が滞ってしまいますよね。

 

仕事が出来る人は“周りを巻き込む能力”を持っていて、自分の出来ないことを把握して、適切な人に任せて上手に仕事を進めています。

 

「適材適所」という言葉もあるように、各々が得意なことを進める方が仕事の効率も上がります!

 

他の人に仕事を上手くまわせるコミュニケーション力を持つことを、普段の生活から心がけておきましょう。

 

いざという時に周りの人を巻き込めるように、ちょっとしたことでも普段からコミュニケーションをとっておくと仕事を進めやすくなったりします。

 

必要以上に関わるのが苦手…という場合は無理にやる必要はありませんが、一つの手段としてはおすすめですよ!

 

上手な時間配分ができる

どんな仕事にも必ず締め切りがあり、期限の無い仕事はありません。

 

効率的に仕事を進めるには、時間をどうやりくりするかということを考えながら仕事をする必要があります。

 

例えば、

・簡単な作業やちょっとした連絡などは移動中などの隙間時間にこなす

・確認中の案件を待っている間に別の作業を進めておく

など、常に空いた時間が出来ないように、時間を有効活用することが時間を上手に使えるようになるコツです。

 

まとめ:仕事が出来る人になりたい、特徴は?知っておきたい4つの特徴

“仕事が出来る人”はカッコよく見えますよね。

 

全部一度にやろうとしてもなかなか難しいと思います。

 

まずはすぐに出来る“レスポンスを早くする”ということから心がけてみましょう。

 

「確認した」「わからない」など、とにかく早く反応することを心がければ、仕事がスムーズに進むことを実感出来ると思いますよ!

-仕事・転職

Copyright© 52challenger , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.